仮設古書店 | Big_Note | 塵芥堂日記

内容を隠す | 単記事選択 | 話題順一覧 | 日付順一覧 | 最近の一覧

単記事選択: #72

#72 ギター男二題 / funai [960901(Sun) 23:17]
<<ぐす。やっぱ神戸じゃなあ。
 
マレニの「ジャズライブ」の話で思い出したけど、昨夜神戸駅のバス停で
ちょっと変わった光景を見た。植え込みの所に腰掛けて弾き語りをやっている
チョンマゲアタマの男が居たのだが、その周りに腰掛けて歌を聴いている人々が
みんなうらぶれたナリをした老人ばかりだったのである。普通のパターンだと
周りにいるのは「単なる身内の若いもん」で、街頭で歌っていながらしっかりと
閉鎖空間を作ってしまっているでしょ、あれって。
なにかスペシャルなところがある人なのか、あるいは単に場所柄なのか
俺もちょっと聴いてみたかったんだけど、ちょうど81系統のバスが
来ちゃったんで早足で横を通り過ぎただけ。
典型的な「ブン=チャカ」スタイルで「そして彼は病に倒れた」っていう一節が
聞こえて、まあとにかく愛だの恋だのではなさそうだった。歪んでるけど。
 
ついでにもう一つ、今日ヒットパレットの横で見かけた男の話。
身体中から犬の臭いを発散させた中年過ぎの男で、どっかで拾った買い物車を
引きずって歩いてる、その背中にギターを背負ってるのだ。
闇の中から出て来たのを見たとき、最初は弾き語り関係かと思ったけど、
もちろんすぐ横にある粗大ゴミ置き場から拾ったギターを然るべきところに
持っていく途中なのだ。なぜか小林旭を即座に思い浮かべてしまう俺。
 
ギター抱えて 当てもなく 闇にまぎれて 消えて行く
                     (ギターを持った渡り鳥)
 
...何考えてるんだかねえ、もう。
 
さて、一応いつもの分。
昼前起床、今日はちょっと涼しい。パン、チーズ、パストラミ、紅茶。
「ReadMe!」のBBSとかに書き込んでみたりとかする。うーん、他人様の
CGIスクリプトを使うのって面白いなあ。類似品を書いてるからなおさら。
仕事の心配などして頂いたりして恐縮なのだが、なにしろ地方在住者だから
どーにもこーにも。大阪まで出ればまだなんとかなるんだろうけど。
 
Infowebがいつまでたってもページのディレクトリを切ってくれないので
今日に予定していたページの引っ越しはお流れ。
スクリプトの新バージョンとか、もう半月も前にできてるのに使えない。
ヒジョーに、いらいらする。俺でもそのくらい設定できるぞ〜。
今いる方でメインボードのお月様ロゴと「マスダ古書店」のヘッダを実験。
メインボードの方、CGIバージョンが使えないからJavaScriptでやってて
移動した途端に吹っ飛ぶ可能性がある。くわばらくわばら。
マスダ古書店のヘッダは7人描いて曜日で入れ替えるとか思い付いたけど
あまりにもオタッキーなので止め。でもときどき変更するかも。
 
夕方に外へ。出た途端雨が降り出して、カサ取りにもう一度家に入る。
 
元町の「みゆき」で夫婦ソバ。新しいバイトが入っていた。
海文堂で「Rockin' On」とか立ち読み。Pearl JamもR.E.M.も
P.J.Harveyも新譜。うーむ。内田ヒャッケンの「居候なんたら」を買った。
 
ヒットパレット。上で維新座の芝居やってて騒がしい。
半生ビールとキムチ、いいかげんヒャッケンを読んでから
コーヒー追加してネバる。で、読み切ってしまった。兵庫駅まで歩いてJR。
 
久しぶりにストラヴィンスキー自作自演全集から1枚抜き出して封を切る。
全部で22枚あるのだが、まだ5枚しか聴いてない。聴くのが大変なのだ。
まーしかしなんとゆーか、自分で指揮するとなんでかカワユクなってしまうのね、
ストラヴィンスキーの音楽って。「春の祭典」までなんかカワユイ。
 
本日聴いたCD:
  • Aleck Kalis "Stravinsky:Piano Music"
  • Elvis Costello "All This Useless Beauty"
  • Chet Baker "Chet Baker Sings"(「ジャズ名盤物語」盤。ハズカしい)
  • Igor Stravinsky con. "Stravinsky Edition Vol.3:Ballet Suites" うん、「ペトルーシュカ」聴いたらとりあえず元気出てきたぞ。 どうにかなんとかなるだろう。
  • 話題順
    ←前の記事 | 次の記事→
    
    日付順
    ←前の記事 | 次の記事→
    

    仮設古書店 | Big_Note | 塵芥堂日記

    |a|f|b|b|s| 1.13